ニキビ対策の必要条件とは?

当サイトでは、ニキビ対策の実際を紹介していきたいと思います。

まずは、現在できているニキビの対策について、黒ニキビ,白ニキビの段階と赤ニキビの段階とを分けて考えてみましょう。

黒ニキビ,白ニキビを対策するには、毛穴に詰まっている皮脂やアカ(いわゆるニキビの芯)を取り除いて通常の状態に戻すことと、新たに黒ニキビ,白ニキビができないように皮脂の分泌を抑えて毛穴が詰まらないようにすることが必要です。

また,アクネ桿菌が増殖して炎症を起こし、ケロイドやクレーターなどのニキビ跡の原因となる赤ニキビにならないようにもしなければいけませんそのためには、ニキビ肌といわれることもある脂性肌(オイリー·スキン)から改善することが肝心です。

脂性肌が改善されれば、毛穴に皮脂やアカがたまりにくくなります。

また、それとともに、詰まった毛穴のふたとなっている角栓を取り除く必要もあります。

こうしておけば、毛穴から皮脂やアカが排去菌 出されます。

また、黒ニキビ,白ニキビが炎症を起こさないようにするためには,右に述べたことと、アクネ桿菌の殺菌が必要になり ます。

赤ニキビの対策に必要なことも、アクネ桿菌と角栓を取り除いて皮脂やアカを毛穴から排出することです。

以上のことを整理してまとめると、現在できているニキビの対策には次のことが必要になります。

①脂性肌を改善して、皮脂が過剰分泌しなくする

②毛穴の詰まりをなくすために角栓を除去する

③毛穴の中から、皮脂やアカを排出する④黒ニキビ·白ニキビが赤ニキビにならないように、赤ニキビは炎症がおさまるようにアクネ桿菌を殺菌する。

それでは、これらの条件を満たす対策の実際について解説していきましょう。

※基本は当クリニック独自のフォトフェイシャル,ディープ+ラジオ波とフォトフェイシャル·アクネスとの組み合わせ治療。

ニキビの悩みには、前にあげた四つの条件を満たす治療法があれば解決できます。

そして、その条件を満たす治療法のうち、最もシンプルなものが、フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波とフォトフェイシャル·アクネスの組み合わせ治療です。

フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波とは、IPLという特殊な光を患部に照射して、細胞を活性化させることによって、さまざまな肌トラブルの改善に威力を発揮してくれる治療機器です。

肌の潤いや弾力を保つコラーゲンやエラスチンの働きが活発になり,ターンオーバーがスムースに行われることで、肌質改善や肌のコンディションを整える効果、開いた毛穴を引き締める効果があります。

これらの効果が脂性肌を改善して、皮脂が過剰に分泌しなくする毛穴の詰まりをなくすために角栓を除去する毛穴の中から,皮脂やアカを排出するという条件に一致するのです。

そのため、ニキビ治療の他に、シワやシミ、ソバカスたるみ、くすみ、アザなどを改善するためにもフォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波は使用されます。

あと一つ残った条件黒ニキビ·白ニキビが赤ニキビにならないように、赤ニキビは炎症がおさまるようにアクネ桿菌を殺菌するには、ニキビ専用の治療器として開発された、フォトフェイシャル·アクネスがぴったりです。

フォトフェイシャル·アクネスは、塗り薬やケミカルピーリングでもなかなか治らなかったニキビに、高い効果を発揮する治療器です。

それもそのはずで、フォトフェイシャル·アクネスは、アクネ桿菌の殺菌に最も効果があり、しかも体には無害の光線を照射できるように研究·開発されたものだからです。

フォトフェイシャルアクネスは、さらにケミカルピーリングや塗り薬、アマゾン販売店で買うベルブランと比べて短期間でアクネ桿菌を殺菌することができます。

このように当クリニック独自のフォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波とフォトフェイシャルアクネスの組み合わせ治療は、ニキビで悩んでいる方にとって非常に有効なのです。