フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波でニキビができやすい肌質を改善。

トップページで紹介したように、肌質は大きく四つのタイプに分けられ、その中でも脂性肌と混合肌はニキビができやすいタイプになります。

患者さんたちに聞いてみると、肌質そのものにも悩みを持っていらっしゃる方がとても多いようです。

トラブルを治療することも大事ですが、トラブルが起きないように肌質を改善することも予防的な意味では軽視できません。

それでは、肌質改善をするためにはどうすればよいのでしょうか?結論から述べると、フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波が肌質改善には効果的です。

シワやくすみの治療のためにフォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波を使っていると、治療を受けた方から「脂性肌や乾燥肌が治った」という報告をいくつか受けました。

それ以後、気をつけてフォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波治療後の肌質を調べてみると、確かに改善効果が見られました。

※脂性肌の改善。

フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波の肌質改善効果が最も高いのが、脂性肌に対してです。

ニキビの治療効果に優れているのはもちろん、予防効果もあるので、脂性肌やニキビができやすい方には、大きなメリットがある治療といえるでしょう。

化粧のしすぎ、洗顔の不足、日焼けを避けることも脂性肌の改善には大切です。

※混合肌の改善。

最近増えているのが、この混合肌で、額から鼻にかけてのTゾーンは脂性で、ほおなどは乾燥している状態です。

フォトフェイシャル·ディープ+ラジオ波で全体的に改善できる場合と、脂性部分だけフォトフェイシャル·ディプ+ラジオ波で改善する場合があります。